【誰でもわかる基本情報シリーズ】7.「負数の表現」

みなさんこんにちは!おさかなです!

今回から「誰でもわかる基本情報シリーズ」というテーマで「基本情報技術者試験」に合格するための知識をご紹介していきます!

第7弾は「負数の表現」について、書いていこうと思います!

それでは、レッツゴー!!!!!

想定読者
・「基本情報技術者試験」を受験しようと思っている人
・「基本情報」に必要な知識を身に着けたい人
・IT初心者の人

前回の復習

前回は「8進数」と「16進数」を行ったり来たりして「変換」する方法を学習していきました…!

【誰でもわかる基本情報シリーズ】6.「8進数、16進数の変換方法」
【誰でもわかる基本情報シリーズ】第6弾!基本情報技術者試験を勉強中の方に向けて、わかりやすく解説!今回は「8進数、16進数の変換方法」についてお話していきます!頻出単元なので、確実に押さえておこう!「おさかなび-osakanav-」では、「デジタル時代を楽しむためのミニ知識」をご紹介しています!ゆるいイラストが目印!

今回は「負数の表現」、マイナスの数をどう表現していくのかについて解説していきます…!

正の数、負の数

おさかな
おさかな

(なんかどっかで見たことのあるタイトルだな…。学校の教科s…。)

そんなことはさておき…!n進数という数字にも「負数」つまり「マイナス」が存在します。
ですが、ここで問題が発生します。

おさかな
おさかな

え!普通に「-(マイナス)」記号を付ければいいんじゃないの?

それが、10進数以外は「-(マイナス)」という記号自体を使用することができないんです…!

おさかな
おさかな

なんと!!!!

なので、正数と負数を区別する別の方法があるんです!

2進数の「0」「1」

それでは、2進数の場合を見ていきましょう!
2進数の場合は「最上位符号ビット」つまり一番大きな桁の部分を符号として、「0」が正の数、「1」が負の数という区別の方法を取ります。

 

「符号」のありなし

正の数の2進数の場合、符号を省略することができます。ここは10進数と同じですね。
そこで「符号がある数字」を「符号ありデータ」、「符号がない数字」を「符号なしデータ」といった具合に区別するための名前がついています。

符号ありデータ … 符号ビット
0(正の数)
1(負の数)

符号なしデータ … (正の数)

今回の学習内容まとめ

・10進数以外の負の数は「-(マイナス)」という記号を使用することができない。
・2進数は「最上位符号ビット」を使い「0」は正の数、「1」は負の数という区別をする。
・「符号がある数字」を「符号ありデータ」、「符号がない数字」を「符号なしデータ」といった具合に区別するための名前がついている。
おさかな
おさかな

しっかり復習しておこう!

おさかなが参考にした「書籍」一覧↓

(PDF・スマホ単語帳付)かんたん合格 基本情報技術者教科書 令和2年度

令和02年 イメージ&クレバー方式でよくわかる 栢木先生の基本情報技術者教室 情報処理技術者試験

キタミ式イラストIT塾 基本情報技術者 令和02年 (情報処理技術者試験)

令和02年【春期】【秋期】 基本情報技術者 合格教本

感想・まとめ

今回は「負数の表現」について、書いていきました…!

いかがだったでしょうか?

今回は新しい用語を覚えることが多かったので、何度か読み返してしっかりと復習しておくと良いと思います…!

※次回は「絶対値表現、補数表現」について解説していきます!(準備中)

お楽しみに~!

おさかなびではプログラミング学習中の人、ブログ初心者に向けて、「デジタル時代を楽しむためのミニ知識」をご紹介しています!
ぜひ他のページも覗いてみてください…!

それでは今回はこの辺で!

ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

おさかなでした!

【おさかなび-osakanav-】では、この記事の感想!おさかなへの応援メッセージ!おさかなに聞きたい事、質問!記事にしてほしい内容!などを大募集中!

「氏名」「メールアドレス」「内容」の3点をご記入の上「osakana1699@gmail.com」までご応募ください!

タイトルとURLをコピーしました