【誰でもわかる基本情報シリーズ】21.「キューとスタック」

誰でもわかる基本情報シリーズ

みなさんこんにちは!おさかなです!

今回から「誰でもわかる基本情報シリーズ」というテーマで「基本情報技術者試験」に合格するための知識をご紹介していきます!

第21弾は「キューとスタック」について、書いていこうと思います!

それでは、レッツゴー!!!!!

想定読者
・「基本情報技術者試験」を受験しようと思っている人
・「基本情報」に必要な知識を身に着けたい人
・IT初心者の人

前回の復習

前回は「リスト構造」について学習していきました!

【誰でもわかる基本情報シリーズ】20.「リスト構造」
【誰でもわかる基本情報シリーズ】第20弾!基本情報技術者試験の合格を目指す人に向けて、わかりやすく解説!今回は「リスト構造」について学習していきます!リストの役割、読み取り方、リストの種類などなど!「おさかなび-osakanav-」では、「デジタル時代を楽しむためのミニ知識」をご紹介しています!ゆるいイラストが目印!

今回は「キューとスタック」について詳しく見ていきましょう!

キュー(Queue)

キュー(Queue)」とは、「格納した順序」でデータを取り出すことができるデータ構造のことです。このような特徴を「FIFO」(First-In First-Out:先入れ先出し)といい、最初に格納したデータを最初に取り出すことができます。

また、データをキューに格納することを「エンキュー(enqueue)」、取り出すことを「デキュー(dequeue)」といいます。

 

 

おさかな
おさかな

エスカレーター」の人の流れのイメージだよ!

スタック(Stack)

スタック(Stack)」とは、格納した順序とは「逆の順序」でデータを取り出すことができるデータ構造のことです。このような特徴を「LIFO」(Last-In First-Out:後入れ先出し)といい、最後に格納したデータを最初に取り出すことができます。

また、データをキューに格納することを「プッシュ(push)」、取り出すことを「ポップ(pop)」といいます。

 

 

おさかな
おさかな

こっちは「エレベーター」のイメージだよ!

おさかな
おさかな

しっかり復習しておこう!

おさかなが参考にした「書籍」一覧↓

(PDF・スマホ単語帳付)かんたん合格 基本情報技術者教科書 令和2年度

令和02年 イメージ&クレバー方式でよくわかる 栢木先生の基本情報技術者教室 情報処理技術者試験

キタミ式イラストIT塾 基本情報技術者 令和02年 (情報処理技術者試験)

令和02年【春期】【秋期】 基本情報技術者 合格教本

感想・まとめ

今回は「キューとスタック」について、書いていきました…!

データの格納方法によって、取り出す順序が違うのでしっかりと押さえておきましょう!

いかがだったでしょうか?

 

おさかな
おさかな

4月19日に予定されていた、「基本情報技術者試験」およびIPA主催のその他の試験は中止となりました。
詳しくはコチラをご覧ください。

↓次回は「木構造」について解説していきます!

【誰でもわかる基本情報シリーズ】22.「木構造」
【誰でもわかる基本情報シリーズ】第22弾!基本情報技術者試験の合格を目指す人に向けて、わかりやすく解説!今回は「木構造」を学習していきます。実際の図を見ながら、構造のイメージを膨らませていきましょう!「おさかなび-osakanav-」では、「デジタル時代を楽しむためのミニ知識」をご紹介しています!ゆるいイラストが目印!

お楽しみに~!

おさかなびではプログラミング学習中の人、ブログ初心者に向けて、「デジタル時代を楽しむためのミニ知識」をご紹介しています!
ぜひ他のページも覗いてみてください…!

それでは今回はこの辺で!

ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

おさかなでした!

【おさかなび-osakanav-】では、この記事の感想!おさかなへの応援メッセージ!おさかなに聞きたい事、質問!記事にしてほしい内容!などを大募集中!

「氏名」「メールアドレス」「内容」の3点をご記入の上「osakana1699@gmail.com」までご応募ください!

タイトルとURLをコピーしました