環境構築不要で【Kotlin(ことりん)】が試せちゃう?「Try Kotlin」の使い方とは?

Technology
スポンサーリンク

みなさんこんにちは!おさかなです!

今回は「Try Kotlin」について、書いていこうと思います!

それでは、レッツゴー!!!!!

想定読者
・サクッとKotlinを試したい方
・Kotlinを勉強中の方
・Try Kotlinの始め方・使い方を知りたい方

サクッとKotlinを試したい!

おさかな
おさかな

ナビまる~!
Kotlinのコードをちょっと試してみたいんだけど、環境構築がめんどくさいよ~💦

ナビまる
ナビまる

も~う!しょうがないなあ…。
そんな時は「Try Kotlin」を使えば解決だ!

ちなみに現在Kotlinを勉強中の方にオススメの「PDFがコチラ」です。✨
86ページとボリュームのある情報を、無料でダウンロードすることができるので、是非~!

Kotlin入門までの助走読本

「Try Kotlin」って何?

Try Kotlin」とはWebブラウザ上で動く、Kotlinの実行環境のことです。
PCに色々インストールしたり、面倒な環境構築をスッ飛ばして、手軽にコードを実行できるのが最大の魅力です✨(すごい~!)
ちょっとコードを試したい!」という時に利用すると、便利かなと思います!

実際につかってみよう!

それでは早速、下記リンクから「Try Kotlin」にアクセスしましょう!

Try Kotlin

するとこのような画面が表示されたと思います!

ここが入力画面。コードを入力する場所です!

デフォルトではこんな感じの、ハローワールドを出力するコードが記述されています。

fun main(args: Array<String>) {
println(“Hello, world!”)
}

右上にある「緑の三角ボタン▷」が実行ボタンです。
ショートカットキー「Ctrl」+「F9」でも実行できるので、作業を効率的にしたい方はぜひ!

ちょっと下にスクロールすると表示されているのが出力画面
ここに「実行結果」や「エラー文」が表示されます。

右下にある黒いのはCookieについてなので、「×」バツ印を押しても問題ないです!

左側のファイル群には、いくつか例として「Kotlinのコード」が置いてあります!(わーお!)
お馴染みの「ループ処理」から「ちょっと長めのコード」まで!このファイルだけで、かなり勉強になると思うので是非活用してみてください~💻

もっとKotlinを学びたい方へ

Kotlinのお試し環境が無事に整ったところで、「更に学習を深めたい!」という方のために、オススメの本をまとめておきました。
ぜひご活用ください…!

はじめてのKotlinプログラミング (I・OBOOKS)

作って学ぶAndroidアプリ開発[Kotlin対応]

作ればわかる!Androidプログラミング Kotlin対応 10の実践サンプルで学ぶAndroidアプリ開発入門

Androidアプリ開発のためのKotlin実践プログラミング 現場で求められる設計・実装のノウハウ

ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

当サイトを気に入っていただけましたら、匿名OK!15円から!のサポート支援に是非!ご協力をお願いいたします!
ご支援いただいたものは、「プログラム関連の書籍」や「新しいWebサービス」などから知見を得るために活用させていただきます。✨

※「受け取り人メールアドレス」には「osakana1699@gmail.com」を入力してください。

おさかな

文章が書けちゃう、新種のおさかなです。

元不登校。引っ越し以外の理由で3回も転校したのに、結局中卒。
現在はマイペースに「プログラム」書いたり、「作曲」したり「文章」書いたり色々してます。
SAOのユウキが好きです!

おさかなをフォローする

この記事は役に立ちましたか?

タイトルとURLをコピーしました